安全への取り組み

◆ 安全に関する方針 ◆

輸送時における安全に関する基本的な方針

弊社は、お客様より大切な荷物をお預かりし、公道を利用して輸送する事が使命であります。

事業活動の原点が「安全」であり、「安全」が最優先されなければなりません。

輸送時の「安全」を確保する為に、関係法令等を遵守致します。

輸送時における安全に関する目標

2020年度

重大事故「0」件
(自動車事故報告規則による)

事故・災害「0」件

酒気帯び・危険運転の撲滅

目標達成へのプロセス

社長は、輸送の安全確保が事業運営の根幹であることを深く認識し、輸送の安全確保に主導的役割を果たす。

現場における安全に関する声を真摯に受けとめ、現場の状況を十分に踏まえ、社員に対し「輸送時の安全確保が最も重要で有り、最優先すべき事項」であるという事を認識させる。

社員教育(個別)・安全運転研修会(全体)・運転者(全社員)との意見交換会の実施

デジタルタコグラフ装置を活用し、運転者の改善基準告示の遵守と安全運転指導を行い、同時に省エネ運転の励行を促す。

輸送時における安全に関する情報については、積極的に公表し共有に努める。

報告・連絡・相談をし易い社内環境作りを行う。

PAGE TOP